足に合わせて選びましょう

様々なタイプがある

ベビーシューズ

キッズシューズは子供の成長に合わせて選んであげたいものです。
兄弟がいる場合はお兄ちゃんが履いていたものをお下がりで利用している方もいますが、足の形は一人一人異なるのでそれぞれの子に合わせたシューズを選びましょう。
まだ歩き方を覚えたばかりの子にはスリッポンタイプのシューズがおすすめです。
スリッポンタイプのキッズシューズは底が薄く履き口も広いため、まだ靴になれていない子でも嫌がらずに履いてくれることにくわえ、ママが抱っこしている状態からでも片手で簡単に脱がせたり履かせたりすることができます。
子供がしっかりと走れるようになってきたときは運動靴タイプも用意しましょう。
運動靴タイプは足のホールド感が優れているのでしっかりと動き回れるほか、ソールに程よい弾力性があり靴底もよく撓るので足への負担も軽くなります。
マジックテープタイプなら簡単に脱いだり履いたりすることができるので、シューズトレーニングにも最適となっています。
キッズシューズを選ぶ際は衛生面も考慮しましょう。
子供は歩くことを覚えると水たまりや草場など様々なところに好んで入ってゆくようになるので、靴もすぐに汚れてしまうようになります。
そのためキッズシューズは簡単に洗えるものがおすすめです。
合成繊維で作られた通気性の良いシューズや中のソールを取り外せるタイプなら、靴洗いも簡単で衛生面でも安心となっています。
専門店に行けばほかにも様々なタイプのキッズシューズが販売されているので、購入する際は子供の成長に合わせて靴のタイプをチョイスしましょう。

遊びまくっても疲れ知らず

ベビーシューズ

キッズシューズはベビーシューズとは違い、活動量の多い幼児向けになっています。
ベビー専門店やショッピングモールなどでは、比較的安価で売られています。
消耗品なので安いに越したことはないのですが、できるだけシューズ専門店での購入をおすすめします。
大手スポーツメーカーやシューズメーカーがキッズシューズにも参入していて、豊富なラインナップになっています。
各ブランドの特色があり、性能だけでなくデザイン性にも優れています。
キッズシューズは、定番のスニーカーやスリッポン、季節もののサンダルやブーツなど、大人の靴と変わらない品揃えになっています。
キッズシューズを選ぶときのポイントは、ジャストサイズにすることです。
子供の足はすぐ大きくなるからとついつい大きめを買ってしまいますが、実はあまり良くないです。
シューズの屈曲ポイントと足側の屈曲ポイントが噛み合わず、蹴り出しが悪くなってしまいます。
そのせいで足の指を使わなくなり、いざというときの踏ん張りが効かなくなります。
また、履けば履くほど靭帯が緩んでしまい、シューズに合わせた足に変形します。
シューズの先端からつま先までが1〜1.5センチ間隔ならジャストサイズです。
かかとのホールド感や、土踏まずに隙間が空きすぎていないかも確認します。
2歳頃の幼児は自分で靴を履きたがるので、マジックテープでとめられるスニーカーや、さっと着脱できるスリッポンが向いています。
シューズ専門店には、フィッティングボードがあるので、実際に合わせながら、スタッフに見てもらうと安心です。

専門店でサイズを計測

ベビーシューズ

幼児は骨格や筋肉が柔らかいため、健やかな足の成長のためには靴選びが重要になってきます。
キッズシューズは、子供の足指の動きをサポートする仕組みになっています。
キッズシューズのつま先部分は上向きで曲げやすい作りになっており、上手に体重移動ができるので、足を蹴りだす動きをサポートしてくれます。
また、つま先を扇型にすることで指をのびのびと動かすことができます。
しっかり足指を動かすことで土踏まずの形成を促すことができます。
キッズシューズはかかと部分が補強されているのも特徴です。
大人は足指とかかとをバランスよく使って歩いていますが、子供はかかとの骨が未発達なので、キッズシューズのかかと部分はしっかりとホールドされた安定感が必要です。
キッズシューズはインソールにもこだわって作られています。
子供は土踏まずのアーチが未発達なので、インソールで足裏を支えることで、足指を上手く使ったバランスの良い歩行をすることができます。
また、汗をかきやすい子供のキッズシューズは通気孔を多く作ることで、湿気を外へ逃がし、足の蒸れを防ぐことができます。
子供の足はあっという間に成長するので、定期的にサイズを計測しておく必要があります。
キッズシューズを取り扱うメーカーのサイトでは、サイズの測定表をダウンロードすることができます。
また、キッズシューズ専門店では定期的に子供の足の計測会を実施しています。
専門スタッフが計測してくれるので、子供の正しいシューズサイズを知ることができます。

履きやすいように工夫する

ベビーシューズ

キッズシューズは、子供が履きやすいように工夫して作られています。そのためサイズは小さくても、価格は大人用の靴とほぼ同じです。普段履きするものの場合は2〜3千円が、フォーマルなものは5〜6千円が相場です。また季節外れのものなどは、半額ほどで販売されていることもあります。

もっと読む

足に合わせて選びましょう

ベビーシューズ

キッズシューズは子供の成長に合わせて選ぶことが大切です。歩き方を覚えたばかりの子には履きやすいスリッポンタイプがおすすめです。スリッポンタイプなら抱っこした状態からでも簡単に脱がせることができます。走れるようになった子には運動靴タイプも用意しましょう。運動靴タイプならしっかりと動き回れます。

もっと読む

子供の靴の特徴

ベビーシューズ

キッズシューズは大人用と異なり、足の保護や運動を補助するだけでなく、成長を阻害しないような特徴を持っています。キッズシューズも4歳頃までのものは発育を阻害しないこととつまづきを予防することをメインに、大きくなると運動を妨げない機能も追加されます。どちらも通気性が良いことが特徴となっています。

もっと読む