赤ちゃんの初めての靴

クッション性があるものを

親子

赤ちゃんが成長して伝い歩きをするようになると、そろそろキッズシューズをと考える親御さんも多いことでしょう。
親御さんたちは、何時頃から靴を履かせれば良いかと迷うことも多いといいます。
キッズシューズを買い与える時期としては、外歩きが必要になった時で構いません。
先ずは家の中でしっかり歩く練習をしてからということになります。
靴に慣らすために、家の中でも靴を履かせる親御さんがいますが、あまり感心したことではありません。
赤ちゃんの足の発育を助けるためには、裸足の状態が一番なのです。
それでは、外歩きデビューのキッズシューズについてですが、固い地面を歩くことになるので、踵がしっかりしていてクッション性のある物が良いでしょう。
靴を選ぶ時は、お店で赤ちゃんに履かせて歩いてもらうことです。
その中で歩きやすそうな物を選ぶことです。
また、赤ちゃんも成長に応じて歩き方も変わってきますので、その歩き方に合ったキッズシューズを選んでいくことも大切です。
歩き始めた赤ちゃんの足は、刻々とサイズが大きくなります。
そのため、後で履けるようにと買っておいた靴が履けなくなっていたということも屡です。
赤ちゃんのために買う靴は、今から履ける物を足に合わせて選ぶことが賢明です。
その際、赤ちゃんの足を計測してくれるお店を選ぶようにしましょう。
赤ちゃんの足のサイズを正確に知ることで、失敗のないファーストシューズ選びができるからです。

正しいサイズを選ぶこと

ベビーシューズ

大人のシューズは機能性とファッション性に注力して作られているのに対して、キッズシューズは足の保護と足の成長を守ることも目的として作られています。
特に低年齢向けのキッズシューズは成長を手助けする機能が高く、足の指がのびのびと動かすことができるようにつま先側が広く作られています。
骨が軟らかく変形しやすい子供の足は、正しい靴を選んであげないと成長を阻害してしまいます。
キッズシューズを選ぶ時には、成長を考えてやや大きめのキッズシューズを選びがちですが、大きい靴になってしまうと足の曲がるポイントと靴の曲がりやすいポイントがずれてしまい、運動能力に支障を与えてしまいます。
つま先に5mm位の余裕があるキッズシューズを選ぶようにして、余りに大きなサイズのものは選ばないようにしてください。
子供の足の形は大人と違い、足の指が広がり気味なのでキッズシューズはつま先側が広くなっていますが、歩き方も大人と違い、足が高くあがらないすり足気味に歩きます。
大人と同じ形のシューズではつまづきやすくなってしまうので、キッズシューズはつま先が反りあがっていてつまづきにくくなっています。
キッズシューズの靴底は適度な厚さと適度な柔らかさがあります。
骨の柔らかい子供は地面からのショックをソフトにするために充分な緩衝力が必要ですが、堅過ぎる靴底は歩きにくく、子供の足の発育を妨げてしまうため適度な厚さと柔らかさが必要になってくるのです。

遊ぶ場所も考慮して

ベビーシューズ

大人の多くが、夏になるとサンダルなどを好んで履くようになります。
夏には発汗量が増えることから、靴の中で雑菌が繁殖しやすくなるからです。
雑菌によって足が臭くなったり、その匂いが靴に染み付いたりするので、衛生面から多くの人が、通気性の良いものを選んで履いているのです。
そして子供に履かせるキッズシューズも、やはり通気性を重視して選ぶ必要があります。
子供は大人よりも多くの汗をかくので、通気性の悪いものを履かせると、内部がすぐに蒸れてしまうのです。
しかもまだ歩くことに慣れていない小さな子供の場合、汗により靴の内部で足が滑ることもあります。
これが原因で転んでしまうこともあるので、安全のためにも蒸れにくいキッズシューズを選ぶことが大事なのです。
もちろん通気性が良くても、簡単に脱げてしまうのでは足が守られないため、本末転倒となります。
そのため夏用のキッズシューズ選びでは、頑丈なベルトがついているかどうかも重要となります。
マジックテープまたはスナップボタンなどで固定できるベルトがついていれば、脱げるリスクは少ないと言えます。
さらにキッズシューズでは、子供の遊び場に合わせて素材を選ぶことも大事です。
たとえば水遊びが好きな子供には、撥水性のあるナイロン製やビニール製のキッズシューズが適しています。
砂利道や草原など安定性の悪い場所で遊ぶ機会が多い場合には、弾力のあるポリウレタンやゴムで作られたキッズシューズを履かせると、足裏のバランスが保たれやすくなります。
遊ぶ範囲が広がる夏だからこそ、それを考慮してキッズシューズを選ばなければならないのです。

履きやすいように工夫する

ベビーシューズ

キッズシューズは、子供が履きやすいように工夫して作られています。そのためサイズは小さくても、価格は大人用の靴とほぼ同じです。普段履きするものの場合は2〜3千円が、フォーマルなものは5〜6千円が相場です。また季節外れのものなどは、半額ほどで販売されていることもあります。

もっと読む

足に合わせて選びましょう

ベビーシューズ

キッズシューズは子供の成長に合わせて選ぶことが大切です。歩き方を覚えたばかりの子には履きやすいスリッポンタイプがおすすめです。スリッポンタイプなら抱っこした状態からでも簡単に脱がせることができます。走れるようになった子には運動靴タイプも用意しましょう。運動靴タイプならしっかりと動き回れます。

もっと読む

子供の靴の特徴

ベビーシューズ

キッズシューズは大人用と異なり、足の保護や運動を補助するだけでなく、成長を阻害しないような特徴を持っています。キッズシューズも4歳頃までのものは発育を阻害しないこととつまづきを予防することをメインに、大きくなると運動を妨げない機能も追加されます。どちらも通気性が良いことが特徴となっています。

もっと読む